「音羽富士」に登る2017年04月17日 17:59


早稲田(東京都新宿区)のほうに行く用事があり、何回かは有楽町線の飯田橋から神楽坂を通っていたのですが、「まち歩き」で都内を歩き慣れたせいか、地図上では意外に近そうなメトロの護国寺駅から講談社のある音羽通りをまっすぐに進むというコースを歩くことにしました。

時間は30~40分くらいでしょうか、途中に江戸川公園があり、ここは『浮世絵を歩く』で目白から歩いて下った道であることに気づき、頭の中の地図が完成しました。

こうなると次は池袋駅からで、これも都電の東池袋を通り雑司ヶ谷墓地を過ぎるとすぐに護国寺の杜が見えてきます。早稲田までは合わせて約1時間強です。まぁよい散歩道ですね。

駅名ではなく、途中にある護国寺ですが、実は境内に入ったことがなかったので、桜が咲き終わろうかという先日、参詣に。真言宗豊山派の東京大本山、江戸時代にはもっとおおきかったのでしょうが現在でも周囲を圧倒する迫力があります。特に早稲田の方から見ると、つまりは当時の江戸の中心地から参詣に向かうという視線ですが、目白台の高みにまさに山のようにそびえているためか、相当の威厳がただよいます。

珍しい緑色の桜などを眺めて帰ろうとすると、一角に「音羽富士」の場所を示す掲示板があります。山門から見て右手の方向に少し進むと、石の鳥居があり、その向こうにそれらしき高まりが見えてきます。孤立した山ではないのであまり目立ちませんがこれが音羽富士の異名を持つ富士塚のようです。敷き詰められた大小の岩、合目を示す石柱、胎内くぐりの入り口とおぼしき穴の跡(ふさがれています)。ゆっくり登ると頂上には浅間神社がまつられていました。

数メートルとはいえ、もともと台地の高台にある場所からさらに高く、頂上からの富士山の眺めは相当に良かったでしょう。同じく『浮世絵を歩く』では目黒の富士塚跡にもいきましたが、目白と目黒はいずれも同じような信仰の人々が生きていたわけです。

戸田市を「まち歩き」2017年04月10日 09:42


埼玉県立歴史と民俗の博物館友の会という団体に入っていますが、この会のクラブ活動のような形で「大江戸名所百景を歩く」という見学会を2年程のあいだ主催してきました。一応の区切りがついたので、今年度からより自由な形で「まち歩き研究会」という名称に変更して、埼玉県内外の知っているようで知らない「身近な街」を歩きながら、その地域の歴史や文化、生活風景を楽しもうという活動を続けていくことにしました。

その最初の活動をこの4月7日(金)に開催しました。場所は戸田市です。予想外の32名が参集、はじめての参加者も多いようです。戸田のボート場も初めてというひとが大多数でした。近くにありながら意外に知らない街がたくさんあることを実感しました。実は私の初めてだったのです。

集合した浮間舟渡駅を出ると目の前に「浮間ケ池」があります。ここはかつて蛇行して流れていた荒川の旧流路で、河川改修を繰り返したこの土地の歴史がよくわかるように説明版が置かれています(やや見にくい)。駅前を離れ、埼京線の高架をくぐるとにぎやかな国道17号線に出ます。昔の中山道です。道路に沿って歩き、荒川に架かる戸田橋を渡り、土手の下を右に進むと水神社の前に出ます。

向かいの旧堤防の上と思われる場所に「渡舩場跡の碑」がありました。(上の写真)。その前の変哲もない路地が旧中山道とかで、現在の国道と少しずれているようです。

堤防上の道路を反対に上流に進むと戸田親水公園に出ます。戸田漕艇場(ボート場)のある公園です。細長い池のように見える、おだやかな水面がひろがって、大学生やシニアの皆さんの競走用ボートが流れるように移動しています。岸辺には大学のボート部の合宿所や艇庫がいくつも並んでいて、まさにボートレースの聖地の雰囲気です。ここで休憩がてらの散策タイム。隣接する戸田公園の桜並木も満開、楽しい時間を過ごしました。

次いで、戸田公園駅から戸田駅まで電車で移動。戸田駅前で昼食休憩後、戸田市立郷土博物館を訪問。連絡をしていたので学芸員の方の出迎え(?)を受けました。3階にある博物館で約1時間、戸田市の古代から近世、現代まで、ジオラマなど館内の展示品を見ながら見学と説明をしていただきました。こんな具合にゆっくり街を歩くことを続けていきたいと思います。

大宮公園の桜と松2017年04月08日 12:54


さいたま市の県立大宮公園は私にとって子供のころからなじみの場所です。大宮を離れてからも、ここ数年は。主として博物館に行くためですが、月に数回行く場合もあります。普段はただ通過するだけですが、昨日(4/5)はこの大宮公園の桜が満開になった日ということもあり園内を散策。平日というのに大勢の人でにぎわっていましたが、私はこの公園ではいつもアカマツなどの松の木の美しさを楽しんでいます。

特に、瓢箪池の向こう側の緩やかな崖の上は、下草の笹と松のコントラストがきれいです。その上にある歴史と民俗の博物館の2階ロビーからこの場所を見た景色も大変気にいっています。大宮公園は“松の公園、にぎやかに~”と大宮音頭にも歌われているように昔から松の名所だったように思います。桜を植えたのはそんなに古いことではないのではないでしょうか。

現在でも、薄いピンクの桜の花の間からアカマツやクロマツの幹や青い枝葉が見える場所がかなりあって、この公園の特色ではないかと思いっています。きれいな松は特に「裏参道」付近のあまり人の多くない場所に残っているようです。写真は、満開の桜の間に顔を出すアカマツの樹ですが、桜だけが咲きほこっているよりも味わいがあります。

今年も桜の花を訪ねて歩く人がたくさんいます。ただ、なんとなく、年々、その花の色の鮮やかさが失われていくような気がするのは、私の「目」の能力が失われているためでしょうか。

彩湖で水防遺産?を見る2017年03月27日 11:20


JR武蔵野線で浦和から府中方面に向かうと荒川の手前に大きな貯水池が出現します。これが荒川第一調節池内貯水池、通称「彩湖(さいこ)」です。少し前に、2020年の東京オリンピックのボート会場の候補地として名前があがりましたが、半分くらいが、かつてのオリンピックのボート場と同じ戸田市にあり、水系がつながっています。

頻繁に車窓から眺めているわりにはあまり行かない場所なんですが、先週、地元の見学会でここを歩きました。秋ヶ瀬橋を渡り、荒川の土手上にあるバス停「サクラソウ公園」から、ビオトープのヨシ原を見ながら彩湖西岸へ。一帯は彩湖公園というけっこう大きな公園になっているんですが、その入り口付近で自転車レース団体のイベントが行われているようで、かなり高度なマニアの姿が目につきます。おまけに4月にはこの公園内で公式のマラソン大会が行われるとのこと、この日はわれわれの周りを練習するランナーが次ぎ次ぎに通過、周回道路上はけっこうあわただしいです。

湖岸の近くに寄ることはできませんが、周辺の自然はかなり残されています。遊歩道の左右には、ここにかつて存在した村=大野新田を囲む土手の跡地と思われる微高地が、よく見ると連続して残っているように見えます。本当なら一種の文化遺産です。

その他にも、残された雑木林や竹薮が続き、ウグイスなど鳥の鳴き声が響きます。さらに、この彩湖のほぼ中央付近を通る外郭環状道路の幸魂大橋より先は完全に自然保護区になっていて人の立ち入りができませんので上流に隣接する秋ヶ瀬公園(ここもかなり広いです)と一体になって首都圏では有数の自然環境になっていると思います。

ここもあまり人がいきませんが、少し離れた所に「彩湖自然学習センター」があります。戸田市の管理ですが、1階から3階までは彩湖の自然環境、5階の展示室は国の荒川河川管理のための学習施設になっていて彩湖周辺の立体模型や実際の洪水時のビデオ映像など通して、この彩湖の歴史と機能がわかるような施設になっています。屋上からはすぐ隣にある外環自動車道路の幸魂大橋や彩湖全景が見渡せ、雄大な気分になります。

柳瀬川の「淵の森」を歩く2017年03月23日 10:25


暖かい陽気の中、昨年秋に続いて志木市の環境団体主催の「柳瀬川ぶらり散歩」の2回目(3/20)。今回は、所沢市の空堀川と柳瀬川の合流点付近から西所沢駅まで5時間あまりのやや長い行程を歩きました。志木駅前から路線バスで前回解散地近くの台地上へ、ここから見下ろす柳瀬川低地はかなり迫力があります。崖下の柳瀬川・空堀川合流点へ。この場所が前回の最終地点で、今も河川改修作業が続いてるようです。現在の空堀川の一部を新柳瀬川と結び、蛇行している柳瀬川を直線化する洪水対策ですが、残った旧柳瀬川もそのま残すということで結構複雑な工事になっています。

この改修工事ではなるべく川岸の自然地形を残すようにと要望したそうですが、受け入れられたのは空堀川部分だけだったようです。見慣れていないせいか、水のない空掘川はかなり異様な感じです。その後、旧空堀川の流路を利用した「せせらぎ公園」や「中里緑地保全地域」を見学し、市民の努力によって貴重な自然が守られていることに感心しました。

ついで空掘川をはなれ秋津駅方面へ。この付近の柳瀬川もくねくねと蛇行していますが、川岸ぎりぎりまで宅地化されていて、遊歩道もありませんが、改修は不可能のようです。西武池袋線を超えたところの秋津公園で昼食休憩。

その後、安松橋を渡って柳瀬川を降りると、貴重な自然林に囲まれてゆっくり蛇行する水の流れがあります。ここが「淵の森」です(上の写真)。一時、宅地化の危機がありましたが、多くの市民の活動で公有化され、この貴重な景観が「トトロのふるさと基金」により保存されたのは有名な話です。河畔林もかなりの部分が保全されています。私は以前、鎌倉古道の探索会でこの上の神社まできましたが、川には寄りませんでした。関心の持ち方で地域の自然や景観の見方も変わりますが、柳瀬川沿いは古代からの関東地域の文化の交流地でもありました。

左足が痛かった2017年03月19日 19:25


1月の始めに山歩きの途中でうっかりして左足を傷めてしまいました。その後あった2回の山歩きの際にも一番最後の下山段階でやはり同じ個所が傷んで一時は(おおげさにいえば)手すりにつかまらないと階段を降りられない状態になりました。念のため整形外科で診てもらいましたが「骨にも腱にも異常なし」とのことで、これはやはり足の筋を痛めただけと思い静観することにしました。

3月に入っての山歩き(3月9日の奥多摩・高水三山)でも心配しましたが、なんとか最後まで持ちました。これは回復したかなと思っていますが、念のため、陽気のよかった18日に一人で高尾山に行って様子をみることにしました。高尾駅から徒歩で登山口。そこからいつものように稲荷山コースを経て城山まで往復して高尾駅まで約3時間半くらい。途中の食事休憩は20分ほどです。高尾山には急坂はそうありませんが階段が多いので、足の調子を探るには好都合です。結果、最後の高尾駅まで足が痛くなることはなく、違和感もありませんでした。

ということで今後も安心できそうです。しかし、桜もまだまだというのに高尾山には相変わらず登山者が多いです。土曜日だったせいか若者、学生が多いようで中には裸足で駈けていく一団もいました。多分どこかの大学の体育部でしょうね。昔の修験道もこんな感じだったのでしょうね。また、トレイルランの連中もかなりいましたが、その一人が木の根につまずいて倒れ、ものすごい勢いで立ち上がって走る去る姿を目撃。やはり転ぶんだ!

上の写真はモミジ平付近での登山道改修工事の様子です。シーズンに合わせたということでしょうが、街中だけでなく、東海道自然歩道でも年度末の土木工事が行われるということです。

城山公園貝塚がなくなった!2017年03月13日 19:24


朝霞市の公園のなかで最も広いのが城山公園です。名前の通り中世の山城跡が残り、そのほとんどが林になっています。ここを通称“岡の城山”といのうのは、同じ市内にもう一か所城山という地名があるからです。もちろん城山なんていう地名は日本中に無数にあります。そしてそのほとんどがそこに「城」があった、あるいはその伝承地ということになるのでしょう。

朝霞の岡の城山にも立派な城跡があります。ただし、戦国時代の山城の遺跡ですから建築物は何も残っていません。ただ空堀とそれに囲まれた廓と呼ばれる広場があるだけです。戦った記録はおろか古文書にもまったく登場しない「歴史なき山城跡」なのです。

それでも私は家からほど近い、散歩道として好適なこの場所を年間に10回程度は訪れています。城の周りをめぐる黒目川の流れに沿って歩くことが多いようです。ところでこの公園にはもう1か所遺跡がありまして、それは貝塚です。いうまでもなく、縄文あるいは弥生時代の生活跡で、武蔵野台地の東端に位置するこの地域ではすこし上流の富士見市の「水子貝塚」が有名です。

朝霞の城山公園の貝塚はそれに比べるととても小さな規模ですが、この場所が内陸深く入り込んだ昔の東京湾の浅瀬であったことを示す貴重なものです。城山台地の外縁部、ササに覆われた小さな一角に、少し前まで、「貝塚跡」と書かれた、位置を示すポールがたっていました。しかし、今ではそのポールもなく、場所を示す囲いもありません。それどころか、乾いた土のグラウンドの一部に代わっています。

あまり気にも留めないで過ごしてきたのがいけないのですが、いつから説明版がなくなったのでしょうか。確か、その場所にはかすかに貝殻とおぼしきものが見えたような記憶があります。気が付くと岡の他の緑縁部の緑もかなり侵食され、乾いた踏み跡道が広がっています。

高水三山の青渭の井戸2017年03月09日 18:42


高水三山とは奥多摩の御嶽渓谷の奥にある3つの山―高水山(たかみずさん)、岩茸石山(いわたけいしやま)、惣嶽山(そうがくさん)のことで、登山ルートとしてはJR青梅線の軍畑駅あるいは御嶽駅から一周するルートがあります。3/6の早朝、天候にやや不安を感じながら、いつもの地元の山の会の一行四人で北朝霞駅を出発しました。

軍畑駅前の車道をゆっくり登っていき、やがて登山道に。高水山は霊山ということで以前はこの登山道を通って多くの人が参詣したのかもしれません。けっこう急な岩場もありますので大変だったろうと思います(現在は頂上近くの高源寺まで車道があります)。3つの山とも標高は近いのですが別の山ですから尾根をかなり下ってまた登るということの繰り返しで、結構体力を使います。2番目の岩茸石山も巻き道がつくてあるほどの険しさがあります。

最後はいよいよ惣嶽山。ここも頂上付近はかなり岩と木の根のからまった急斜面です。登り切ると頂上の平坦地に立派な青渭神社の奥の院があります。ただし、全面が丈夫な金網で覆われていて近寄ることができません。社殿には様々な物語を表す凝った彫刻がほどこされています。ここは特別の日を除いて無人となりますから防災、防犯上の配慮とは思いますが、もう少し気の利いた方法はないでしょうか。

惣嶽山を少し下ると二本の大木の間に注連縄(しめなわ)が通してありま、その下に井戸がありました。これが真名井と称する霊泉(別名青渭の井)で、ここから青渭神社の社名が起ったといわれています。一年中涸れることのない泉といわれますが、この時期はかなりぬかるんではいますが水はありませんでした。しかし、はるか古代から清浄な水の出る場所だったのでしょう。今でもこの地は名水百選の地であり酒造メーカーもあります。

 ■高柄山の馬頭観音

ブログに書きませんでしたが、2/25に登った山梨百名山のひとつである高柄山(上野原市)ではかなりのアップダウンに息をきらしましたが、最後の沢井集落前の峠道で2つの小さな馬頭観音に出会いました。近くに「かなやま金山」があり、往時は頻繁な人馬の往来があったことを忍ばせます。

神社の起源を学ぶ2017年02月23日 20:05


日本には一説で10万以上ともいわれる神社があります。伊勢神宮のように巨大なものもありますが、山裾の石の前に置かれ施設を持たない無名の小さな鳥居も含めればおそらく数え切れません。そんな日本の神社の起源はどこにあるのか―そんな興味深い内容の講演会をききました。2/19に行われた埼玉県立歴史と民俗の博物館友の会講演会「祭祀遺跡と神社の成立」です。講演者は國學院大學教授の笹生衛先生。

事前に配布された資料にはなかなか読めない漢字がならんでいて、難解な講演かと思いましたが、意外にわかりやすく、神社という言葉が使われ始めた時代やその時の神社の形態、環境などを文献調査で証明し、また、それを現在発掘されている古代の祭祀遺跡と比較しながら確認していくという方法で解説していただきました。

特に私が関心を持ったのは山や岩、島などの自然物も神の「居場所」になるという考え方です。笹生先生の講演では奈良の三輪山と福岡県宗像市の沖ノ島について触れていましたが、美しく神秘的な山が信仰の対象になる事例は日本にはきわめて多く、奈良の三輪山は日本の古代文化発祥の地にあったからこそ今でも山岳信仰の見本になるような確固たる伝統を持っているのだろうと思います。沖ノ島も大和と朝鮮を結ぶ中間点にあるという位置から信仰の対象になったものと思います。また、山から流れ出る清流のあることや島であれば清水が湧き出ることなども信仰には大きな要素ということです。

沖ノ島には宗像神社の沖津宮がありますが、この島は簡単に参詣できない禁忌の島で、いまでも女性は立ち入ることができないそうです。今年の夏には世界文化遺産の登録申請がおこなわれるとのこと。

(上の写真は大宮・氷川神社内の宗像神社。バックに神池と神橋)

宝登山神社のオオカミ2017年02月18日 13:26


地元の山の会で秩父の宝登山へ。7時35分、志木駅を出発、寄居で秩父鉄道に乗り換え、野上駅で降ります。街を少し歩いて「ふくろや」という和菓子屋さんで「すまんじゅう」を買いました。あんこの入った蒸饅頭ですがおいしいと評判とのことでベテランの方は皆知っているようです。

宝登山までは山というより盆地を取り巻く丘陵の尾根を登ったり下りたりしながら歩いていくことなります。いわゆる長瀞アルプスです。今回は通常ルートでなく、総持寺というお寺の後ろの登山道から入りました。「神まわり」と書かれた手書きの地図?入りの標識がありまして、どうやら林の中につくられた様々な神社を現す石碑を巡るコースのようです。確かに石組の台座の上に据えられた祠や石碑が次々に現れます。途中のピークには立派な鳥居を設けた御嶽神社が鎮座していました(御嶽山)。その先の白髭神社(天狗山)で「神まわり」は終わりのようです。

少しうろうろしましたが、長瀞アルプス本道に出て、長い階段を登って宝登山頂上へ。宝登山神社は秩父三社のひとつで信仰の山ですが、現在は手軽なハイキングコースになっているようで、特にこの季節は山頂付近に植栽された蠟梅や梅の花を目当てに登山客も多いです。もっとも多くはロープウェイで長瀞駅から来る人たちです。この日は月曜日でしたがかなりの人出がありました。

宝登山頂上には、蠟梅園の明るさと対照的に杉の木立に囲まれた暗く静かな一郭があり、ここに宝登山神社奥の院があります。観光で登ってここに参詣するひともかなり多いようです。数年前の火事のためとかで神社は新しいものですが荘厳さは十分にあります。秩父の神社に特長的なのは狛犬がオオカミであることです。ここの狛犬も新しいですが、かなり写実的なオオカミの姿になっています。

この狛犬のモデルとなったニホンオオカミは100年ほど前に絶滅したとされていますが、今でもその存在を信じている人はいます。オオカミ信仰はこの土地に暮らす人々がかつて自然と一体になった生活をしていたことの象徴だと思います。