ミュージカル『李香蘭』2018年04月13日 18:20


風の強い日の夜、芝浦埠頭の自由劇場でミュージカル『李香蘭』を鑑賞。この作品は、1991年の初演以来、なんと900回近くの上演を重ねている、浅利慶太構成・演出のオリジナルミュージカルです。

日中戦争開始の昭和初年から太平洋戦争・日中戦争終結までの20年間を背景に、中国の歌姫として活躍した(日本人)李香蘭こと山口淑子の半生もとにした作品です。もちろん劇中のさまざまなシーンはフィクションなのですが、背景の歴史的事実はまるで歌う歴史年表のように細かく説明されていき、日本軍の強引な中国進出はややカリカチュアライズされて語られます。これが28年間続けられてきた演出の基本なのでしょう。

中心人物が李香蘭ですから、劇中でも、「夜来香」「蘇州夜曲」など彼女の代表曲が歌われますが、「海ゆかば」や「月月火水木金金」など、軍歌や戦時高揚歌もかなり登場、これが時代を象徴することになります。

冒頭と最後は上海軍事法廷で李香蘭が裁かれる場面。最後に裁判長は『憎しみに憎しみをもって報いれば悲劇は永遠に終わらない。憎しみに徳をもって報いよう。被告は無罪』という意味の判決を述べます。かなり明確なメッセージといえます。

会場は満員でした。私の様な中高年もかなりいますが、若い女性が圧倒的です。細かい歴史の流れの説明は正確に伝わっているでしょうか。写真はホームページから。当日のものではありません。

無人運転の「舎人ライナー」2018年04月10日 07:29


赤山街道という、江戸時代の関東代官・伊奈氏が整備した古道を歩く会の行事で、日暮里・舎人ライナーの終点に。駅名にもなっている見沼代親水公園(東京都足立区)は、利根川から流れ下った見沼代用水がこの付近の毛長川に流入する最終地点につくられた公園ですが、今回、注目したのは日暮里・舎人ライナーです。

この電車には以前にも乗車したことがあるのですが無人運転とは気がつきませんでした。日暮里駅からほぼ一直接、道路上を一脚高架に支えられて10キロあまり走ります。この区域は地図を見るとわかりますが東京都と埼玉県が複雑に入り組んだところにあり、東京の田舎といってもいいような、地味な場所です。荒川の低湿地帯でもあるところから20年くらい前まではかなり田畑の残る地域で、かつ、バス便以外の公共交通のない「陸の孤島」でもあったようです。

都営交通のひとつとしてこの日暮里・舎人ライナーが開業したのは2008年(平成20)。ほんの10年前です。その後、沿線の人口も増え、今ではかなりの利用度合いと思われます。特長のひとつは「ひとと環境にやさしい新交通システム」ということで自動運転を行う新交通システムということです。

このところ、自動車の無人運転が注目されていますが、専用軌道を使う、こうした公共交通システムが無人運転に一番適していることは明らかです。お台場を走る「ゆりかもめ」がその代表ですが、この日暮里・舎人ライナーも着実に実績を積んでいるようです。

先頭車両に乗ると、確かに運転席がありません。操作パネルのような機器が隠されている可能性はありますが、とりあえずは人が運転することは考えていないようです。確かに、高架を走る専用軌道で、交差する道路や分岐線もない、これ以上は単純化しにくい路線ではあります。ホーム上ではすべてホームドアと連動。どこかで人間が見ていることは確かと思いますが、慣れてしまえば、水平に動くエレベーターに載っているような感じで、違和感や恐怖はありません。

こうなると、私がいつも乗っている武蔵野線なども、ホームの改良工事を行えば無人運転ができるのではないかと思ってしまいます。乗降客数が圧倒的に違いますから車掌さんは必要と思いますが、同じ線路を走る貨物列車や快速電車などとの調整も含めて将来的には、少なくとも技術的にはできそうです。

電車の自動運転が技術的さらに経営的に可能となった場合、自動車の場合もそうですが、最後の悩みどころは、運転・操縦という「仕事」には「面白さ」や「やりがい」という、より人間的な価値があるのではないかという考え方です。人命を預かる公共交通にはそれは必要ないという意見もあるでしょうが、そうした大変な仕事だからこそやりがいを感じるのも人間なのです。

この日も先頭の席に座って楽しそうな子供がいました。あこがれてもこの電車は運転できないのです。

朝霞の琵琶湖?2018年04月09日 14:03


朝霞市にも『琵琶湖』があることは知っていました。ただし、地図の上ではその名前は記載されていません。なにより市民であっても自由に見ることができません。この謎の湖は陸上自衛隊朝霞駐屯地のなかにあり、年に数回一般公開されるだけだからです。

4月8日、今年も一般開放が行わているのということで、和光市駅から歩いて朝霞駐屯地にでかけました。実物の戦車や榴弾砲も並んでいる広報センターは何度か訪れていますが、その向こうの緑地に行くのははじめてになります。ただし、今年は桜の開花に合わせるという予定は完全にはずれ、緑地内のソメイヨシノはすでに新緑の街路樹になっていました。紅いボタンザクラと売店を載せたバスがわずかにお花見の雰囲気をただよわせています。

『琵琶湖』というのは通称かと思っていましたが、敷地内の道路に「琵琶湖南通り」の表示がありましたから、駐屯地内では正式名称かもしれません。芝生広場の西のはずれ、ケヤキやサクラ、ヒマラヤスギの大木に囲まれた林の中に「琵琶湖」はありました。規制線があって水辺までは下りられませんでしたが、幅100メートルくらいの細長い湖面が木々の間からのぞいています。予想以上に自然度が高く、良好な環境です。

たしか、この池は朝霞市と和光市の間を流れる越戸川の源流のひとつにもなっていたと思いますが、都市公園の一部にでもなっていればそれなりに「名所」になったでしょうが、他の例を見れば、汚染される危険もあったでしょう。自衛隊敷地の一部として残ったのはよいかわるいか、判断できません。

排水路も池も河川の跡2018年03月30日 14:32

武蔵浦和駅周辺の「まち歩き」を行いました。主催者ですから、当然、観音堂や板碑、庚申塔などの文化財も回りますが、私が個人的に興味を持っているのは実は地形なんです。浦和の西部地区もかつての河川(入間川)やさらにその前の縄文海進にみられるようなダイナミックな地形の変遷の跡が残っているところが面白いのです。

先ず、最初に回った睦神社、もとは富士浅間社だったそうですが、大宮台地先端の崖線上にあります。まさに舌状台地という感じです。崖の下には今でも小さな池がありますが、かつてはここで雨乞い神事が行われたそうです。この地が海(太平洋!)に面した温暖な地であったことを示すこの神社の社叢林は市の天然記念物です。

最後に、これもかつての河川の跡を利用した別所排水路は「花と緑の散歩道」となって新幹線と並行して別所沼公園まで伸びています(上の写真)。別所沼公園の池も入間川の旧流路といわれています。こうした地形の歴史を感じながら歩いていると、単なる遊歩道も楽しい川歩きのように思えます。

信仰の山―相模大山2018年03月27日 10:08


『大山詣』として江戸時代以前から信仰登山の山として知られている「相模大山」に初めて登りました。大山は、その三角形の端正な姿が相模湾から遠望でき、航海の目標にもなることから相模灘を行く船乗りや地元漁民の航海の守護神となっていたと思われます。さらに農民にとっては雨を降らせてくれる阿夫利神社信仰の総本山として深い信仰を集めてきました。地形上、海に近いこの山には雨が降ることが多く、そのため名水も出るでしょう。

おまけにというか、こちらが主役だったかもしれませんが、帰りの参詣道には料理屋が軒をつらね、下山後には山上から眺めた美しい江の島にも詣でることができるという当時のひとにとっては夢の様な観光旅行のできる場所でもあったようです。

今回もおなじみ地元の登山会のメンバーとともに登山です。詳しい情報はそちらのブログをご覧ください(http://00418964.at.webry.info/)。

今回は表参道と呼ばれる伊勢原口でなく、蓑毛から入る「裏道」を登りました。途中に、裏参道へ分岐の石碑が立っています(上の写真)。こちらをいけば下社に出られるのですが、われわれは直接奥社に向かいました。

大山は1200メートルほどの山ですが今年は雪が多く、途中、700メートル付近のヤビツ峠から上には残雪が残り、山頂付近は階段状の岩とその間の解けかけた雪でかなり歩きにくかったです。春休みということで小学生や軽装備の人の姿も見かけましたが、霊山でなくても、山は畏敬をもって登ってもらいたいと思います。

山の中腹にある「阿夫利神社下社(本社)」の拝殿正面からは相模湾と江の島が風景画のように見えます。快晴の日にはまさに絶景で、徒歩旅行時代、ここまで登った人が大感激したことがしのばれます。大山の名水や名酒をいただくこともでき、喜んで味わいました。

ここから参道入口まで降りるのに男坂と女坂があります。迷わず女坂を選びましたがこれがけっこう急な石段状の岩道で、全員「昔の女性は強かったのだ」と痛感しました。参道では、高級店からそうでなさそうなものまで、名物の豆腐料理店が軒を連ねていました。これも大山に降る雨による湧水がもたらしたものなのでしょう。

おしゃもじ山とは2018年03月19日 14:09


天候がよさそうなので、友の会の次回の「まち歩き(5月)」で予定している毛呂山町と鳩山町の鎌倉街道沿いを歩いてみました。よければ今週、23日の「武蔵浦和まち歩き」のときにお知らせしたいと思っています。いつも相談している2名にはすでにここにしたいと希望を述べてはいましたが、やはり大勢での行動となると参加者に失望させないような保証が必要です。

実際の場所は、東武越生線の川角駅から毛呂山歴史民俗資料館を通って鳩山町のおしゃもじ山までの「鎌倉街道」で、ここを約2~3時間かけて歩きます。『比企の中世・再発見』(嵐山史跡の博物館発行)というこの地区の史跡巡りのガイドブックに掲載されているコースで、鎌倉街道上道を歩いた人なら必ず通る道でしょう。埼玉県の歴史の道の中でも、旧道そのままの雰囲気を残している数少ない貴重な箇所だと思われます。

単なる散歩としてもじつに面白いところです。私も1度(あるいは2度?)歩いたことがあるので大体の様子はわかっているのですが、ひとりできままに行くのとグループ行動とは違うはずで、そのへんの細かい確認ということなります。

以前も間違えた気がしますが、肝心の鎌倉街道へ入る道を間違え、遠回りしてしまいましたが、どうやら以前に比べ、鎌倉街道などの文化財に関する標識が増えているようで、結果的には通常の道路でなく河川沿いにいく道なども発見し、退屈しないまち歩きができそうな感じになってきました。鎌倉街道旧跡や林の中の古墳群もかなり整理されていました。越辺川の河川敷はウグイスが鳴きキジが飛び出してくるなど自然の宝庫です。

今回はあまり長時間の歩行は考えていませんので、上記のガイドブックの後半部分、笛吹峠を通って武蔵嵐山駅まで歩くという部分はカットし、鳩山町のおしゃもじ山で一応の終わりにしたいと思っています。多分ここでお昼過ぎになるでしょう。おしゃもじ山とは面白い地名ですが、鎌倉街道が越辺川を渡った場所にあり、標高は90メートルの小丘です。けっこう急な崖もあり、比企丘陵の最先端にあるだけに見晴らしもとてもいいです。戦国時代の物見跡などもあるようですが、地名のもとになっているの山の入り口にある「御杓文字(おしゃもじ)神社」です。上の写真で右端に小さく映っているのですが、可哀想なことに、最近ではお参りする人もいないようで満足な道もつけられていませんでした。

いつのころからか、世の中の苦難からひとびとを「救って」くださいという願いを込めて。この神社におしゃもじを奉納するようになったのでしょう。ちなみにおしゃもじは漢字で「御杓文字」と書きますが、「杓」は「しゃく(し)」と読み、この女性語(女房詞)が「しゃもじ」で、ほぼ同じことを意味しているようです。先端が丸くなっているのは「お玉杓子」で蛙の子はこれに似ているころからついたのでしょうね。この「お玉」を奉納している神社も見たことがあります。民間信仰というのはこのように単純なものが多いようです。

満員の歴史講演会2018年03月14日 13:11


上の写真は、さいたま市大宮の埼玉県立歴史と民俗の博物館で開催された講演会『保科正之と生母・志津の安産祈願文』の様子です。定員150名をはるかに超えた人数が入っていることは明らかです。会員ばかりでなく数十人の一般参加者も含まれていますが、高年齢の人たちばかりなのも確実でしょうね。この日の講師は作家の中村彰彦氏。直木賞作家ですが、実記録を重視する作風が特色で、『保科正之 徳川将軍家を支えた会津藩主』(中公新書)など会津関係の著作も多く研究者の側面も持っています。テーマが「生母・志津」となっているのは、出生にまつわる興味深い「事実」を通して、名君と呼ばれる会津藩初代藩主で徳川将軍輔佐役だった保科正之の人物が誕生したという歴史を語っているからです。こうしたやや現実の世界と縁遠いと思われる歴史に関心のあるのはどうしても歳を重ねた人間ということになるようです。

ご存知の方も多いと思いますが、保科正之は徳川2代将軍秀忠の寵愛を受けた侍女の志津(静)が生んでいますので、3代将軍家光にとっては異母弟となるわけですが、秀忠の正室お江の方の「嫉み」を受けたため、信州・高遠藩の保科家に養子として入り、成長してから秀忠の遺名を受けて徳川将軍輔佐役になって初期幕府政権の運営に大きな力をふるった人物です。明暦の大火に際して江戸の町の再建のため江戸城天守の再建を断念するなど現在では「政治家」として名君の誉れが高い人物です。こうした人物の出生の謎はまさしく歴史上のエピソードとして興味がつきません。

さらに生母・志津(静)は、養母である見性院とのつながりで埼玉県浦和で正之を出産していますが、正室の圧迫の中での出産が無事にできるようにということで大宮の氷川神社に安産祈願をしています。そのときの祈願文が当時この氷川神社の宮司をしていた岩井家に残されており、現在はさいたま市の文化財になっています。今回の講演は、当会・岩井会長がこの祈願文の資料の関係で中村氏にお願いをして実現したという経緯があります。そこで今回、講演に合わせて、この祈願文(現物)を展示してみようという企画になりました。

講演で中村氏は、信長、秀吉、家康など戦国の歴史とその中入り組んだ人物関係図から説明に入り、武田家の興亡から養母・見性院さらに生母・志津が秀忠の子を身籠り、出産を決意していくまでの経緯をわかりやすく話しました。また、この日展示された祈願文の貴重な資料性を強調「御たいしっと(嫉妬)の御こころ深くえいちゅう(営中)におることをえず」という文言で、当時の生母・志津と正室お江との緊張した関係が始めてわかるということでした。作家としてはこのような個人の感情があらわれることが大事なのでしょう。時間の関係で、成長してからの保科正之の人物や行動については触れられなかったのが残念でした。

鴻沼川と古墳2018年03月08日 10:03


浦和周辺の「まち歩き」を企画している時に、地図を眺めていて埼京線の中浦和駅付近の鴻沼川沿いに「神明社古墳」というのがあるのを見つけました。そこで、下見の時に武蔵浦和駅方面から田島排水路沿いに歩いて(遊歩道になっていますが)鴻沼川の土手に出て、この古墳のある場所に行ってみました。上の写真で手前にある川が鴻沼川。大宮台地周辺の川はどれも水田の灌漑に利用されているのでいわゆる水田の通過水(悪水)が入ってきますからどれも見た目がきれいとはいえません。

話は少しずれますが、考えてみれば(私が)鴻沼川に来たのも久しぶりです。この川は遡っていくと私が以前住んでいた日進町(現在はさいたま市北区)に到達し、JR川越線の下をトンネルでくぐります。その向こうはその昔は広い雑木林でした。その後長く大成建設の資材置き場になっていましたが、現在は大規模マンション群が立ち並び、当時の面影はまったくありません。この付近が水源地ということになっていますが、私たちはこの川を「霧式川」と呼んでいました。その後、途中から鴻沼川にかわり、最後は荒川の支流である鴨川に合流していると思っていました。

ところが、最近の地図で見ると「霧式川」の表示がありません。最初から鴻沼川になっています。この辺はネット情報ですが、「川の名前が鴻沼川に変わったのは、1級河川に格上げする際に名前を統一したため」とのこと。この川が一級河川に指定されたのは1997年(平成9年)、わりと最近。一級河川は「国が管理している河川」ですから、確かに国土交通省の予算を使えることになります。水害対策のためでしょうね。

さて、話題を戻して、鴻沼川の向こう岸に見える墳丘が神明神社古墳です。こちら側(右岸)よりやや高い土地(自然堤防)の上に形状を保っている状態のいい古墳です。説明では直径33メートルの円墳、時代は6世紀後半から7世紀前半。古墳時代後期になります。近畿ではすでにヤマト王権が生まれている時代になります。

古墳の左に見える墓石群がかつてここにあった東福寺の跡です。ここには平安時代の木造仏もあったとのことで、この場所が古くから文化伝播の地になっていたことがわかります。近くの路傍に残る道祖神(庚申塚)に残る表示から、近代では中山道と志木・青梅方面を結ぶ街道筋にあたる場所だったことがわかります。このように埼玉県中央部は東西南北を結ぶ連絡道路の役目を果たしていたのです。現在でもそうかもしれません。

筑波山に登る2018年03月01日 19:25


特に空気の澄んだ日には自宅のベランダからも東南の地平線にじつにきれいに視界に入る筑波山。青く澄んで、はっきり見える2つのとがった峰が印象的です。高い建物のなかった江戸時代にはどこからもよくみえたようで、廣重の風景画をはじめ多くの浮世絵に描かれています。富士山と並ぶ強力なランドマークだったようです。標高の一番低い百名山でということでも有名です。

じつは、こんなに身近な山なのに登ったことがありません。近くに行くことはけっこうあったのですが、登山に関心のない時にはどんな山であれ「登ろう」という意欲はでないもののようです。そんな筑波山におなじみの地元の山の会で行ってきました。

登山の模様はこの「山遊会」のブログで見てもらいたいですが、朝、筑波山神社駐車場に着いて、まず筑波山神社拝殿にお参りしました。神社なのに実に壮麗な山門があります。江戸の鬼門の方角にあたる筑波山は徳川幕府の庇護を受け、さらにそれ以前からの修験道の場としての長い歴史がありますから神仏習合の見本みたいな場所です。

2つの峰のそれぞれにあるのが男体神社本殿と女体神社本殿。ここに参拝のために登るのが古くからの信仰登山です。筑波山はそれほど厳しい高さではないのでそれだけ多くの人がここにやってきます。この日は晴天のわりに見晴らしはそれほどでもありませんでしたが、眺望のよさは随一、いつも地元で下から仰ぎ見ている山の山の頂上にいるというのはいい気持ちです。こうした「天上世界感」も神の山の要素といえそうです。

登ってみてわかりましたが、関東平野の中央にそびえる筑波山は地質構造上の長い年月を経て形成された岩山です。頂上付近だけでなく、登山道にも数多くの巨石、奇岩がいたるところで目につきます。ガマ石、出船入船、胎内潜り、弁慶七戻りなどわかりやすい名前がついていまして、これはどこにもありますが観光スポットになっていますね。

また修験道の聖地ですから、いたるところに祠や神社が点在しています。小さな聖天神社、巨大な岩倉の上に築かれた天照大神を祭るという稲荷神社、巨大なケルンのような岩の山の上に鎮座する白蛇弁天など、歴史や由来を調べたい場所ばかりです。

近所の巨木2018年02月23日 13:21


大きな樹木には心惹かれるものがあります。私は格別のマニアではありませんが、先日の熱海・来宮神社のクスノキの巨木には感動しました(http://mylongwalk.asablo.jp/blog/2018/01/31/8780061)。数年前には、尾道から今治に至る「しまなみ海道」観光で立ち寄った大山祇神社の、これもクスノキの大樹に驚きました。クスノキの巨木は西日本に多く、日本一の巨樹も鹿児島県にあるクスノキで、これはぜひ見たいものです。

私の住んでいる近くでの巨木となると、すぐに思い出すのはさいたま市浦和・玉蔵院の大ケヤキ。これは近くに行くたびに鑑賞します。関東地方では大きくなる樹としてはケヤキやイチョウが目立ちます。大宮・氷川神社参道にも数本、ケヤキの巨木があり、これは月に数度は触れる巨木です。

住まいでの一番近くでの巨木となると、歩いていける範囲では埼玉県志木市の寶幢寺(ほうどうじ)があります。真言宗の古刹なのですが、境内に巨木が多く、遠くからでも目立ちます。寺の前には「寶幢寺古木あんない」という掲示板が建っていて、樹種と直径、高さが記された番付表が記されています。それによると横綱は長屋門近くのイチョウの木で太さ5.67メートル。ついで大関は山門近くのケヤキの大樹で太さは4.82メートル。関脇、小結もケヤキになっています。大関のケヤキは樹高では一番で37.5メートルもあります。一般に人間界での巨人とは身長の高いひとをさしますが、巨樹の世界では胴回りの太さをいうようです。上の写真で、右に見える太いのが大関のケヤキの木。その左に枝だけ見えているのが横綱のイチョウです。

この「寶幢寺古木あんない」は教育委員会の調査によるものらしいですが、寶幢寺境内には直径3メートル以上の木が10本ありますから、志木市内はもとより、近隣の市町村を含めても珍しい巨木の寺院ということになるかもしれません。

この寺のある場所は武蔵野台地と荒川低地の境目にあたり、10メートル以上の崖下には川越と江戸を結んでいた新河岸川という運河が流れています。武蔵野台地は江戸期になると牛馬の放牧場や牧草地になり、一面の草原と雑木林になったといわれていますが、それ以前には(少なくとも数百年以前には)こうした大木の茂る森林も存在したのでしょう。