「深田久弥先生終焉の地」にたどり着く2017年05月12日 13:20


JR中央線の韮崎駅。ホームに立ってほぼまっすぐに北の方角を眺めると茶色いごつごつした山並みが見えてきます。視線を左に転じると線路の進行方向のはるか向こうに、同じような感じの、しかし雪を頂いた巨大な山脈―八ヶ岳連峰が見えてきます。最初の茶色い山々はこの有名な八ヶ岳に形が似ていることから「ニセ八ヶ岳」というかわいそうな俗称がつけられていてバスガイドさんが間違えたというエピソードがあるそうです。

とはいえ、この「ニセ八ヶ岳」も1700メートル級の山々のつらなりで個性的な山容です。今回の登山(いつもの地元の山の会です)は、この山並みを東から西に縦走するように歩きました。中心は茅ケ岳です。この山は、1971年(昭和46年)に、『日本百名山』の深田久弥氏が登山中に急逝した場所として有名で、登山道の始まる場所に記念公園があります。 亡くなったのは68歳、今の私とほぼ同じ年齢です。今ではこのくらいの歳のひとは登山者の中心ですが、当時では高齢登山者だったでしょう。深田久弥氏は今では日本の登山ブームを生み出した功労者として有名ですが、経歴を調べるとなかなか聖人君子のような人間ではなかったようです。

茅ケ岳の登山道は最初はかなりゆっくりで安心していますが、女岩あたりから岩石混じりの急坂になります。この日は気温も高く、私にとってもいつもよりかなりきつく、頂上間近かのピークに建てられている<深田久弥先生終焉の地>の石碑(上の写真)にはようやく到着したという感じでたどり着きました。1971年当時の栄養状態ではこの辺で脳溢血で倒れる人がいても不思議はないように思います。

頂上付近で休憩後にアップダウンを繰り返しながら、さらに高い金ガ岳から「ふれあいの里」までの下山は、溜まった枯落葉にスリップはしましたが、なんとか大丈夫でした。中央線も甲府より先はあまり本数が少なく、帰りは珍しく特急「あずさ」に乗車してしまいました。