『レイテ戦記』を再読2016年08月03日 17:24


毎年夏になると読みたくなる本があって、暑さであまり外に出かけられないこともありますから何日かを読書で過ごします。ここ数年はウィリアム・フォークナーの名作『8月の光(原作名はLight Of August)』を読むことが多かったですね。これは別に書きますが、もう文庫本が傷んできてしましました。今年は久しぶりに大岡昇平の『レイテ戦記』を読み返しています。たぶん3回目くらいになります。

ご存知のように、1944年11月から約1ケ月半ほどの期間、太平洋戦争末期のフィリピンで繰り広げられた日米の戦闘の記録で、日本の戦後文学の金字塔ともいわれています。

実際は「戦い」というよりほぼ一方的な日本軍の壊滅なのですが、その実に詳細な戦闘記録を積み重ねていく中で、作者は日本とアメリカの兵士たちの「声」を聞こうとしています。もちろん、実際にも一部は生き残った兵士の記録ですが、多くは、死んでいった兵士たちの無言の叫び声です。

『レイテ戦記』は昭和42年(1967年)から数年間にわたって発表されています。この年は戦後22年目です。まだ当時は太平洋戦争の記憶が鮮明なひとも多く、反響も大きかったと思います。それからなんとまた50年近く経過しているのです!。「戦後」という言葉もほとんど死語になり、先の戦争は遠い遠い記憶になりました。

なにしろ膨大な作品ですし、地図などで戦場の位置などを確認していると、再読には時間がかかります。何回か感想を書いていきますが、再読であらてめて思うのは、不謹慎かもしれませんが、作品としての圧倒的な「面白さ」です。心理小説の名手、大岡昇平ですから、全30章は、どんな場合でも冷静な状況分析と、まるで神の眼とも思える徹底的な論理性をもって書き続けられています。まるで、余計な部分は1行もないという感じです。

写真の2冊(上下)はまだ大岡昇平が存命のときに出た「全集」の中のもので、発行は1983年(昭和58年)。亡くなる数年前ですから、いくつかの加筆もあってかなり決定版に近いと思います。

妙義山の中之嶽神社2016年08月14日 11:27


今年の暑さのピークを迎えようかという8/8に、奇岩で知られる妙義山(群馬県)に行ってきました。先日の霊山(福島県)に続き「岩場・鎖場の体験登山」です。妙義山といえば、長野方面に向かう電車や高速道路の車窓に出現する異様な山容で誰でも知っています。そしてこの山も霊山同様、山岳宗教の修験道の場として有名です。

古代宗教の発祥の源はたいがい、山か海か太陽です。さらに山には巨岩や巨木、湧水というものも含まれますが、そこに存在するだけで計り知れない力=エネルギーをもっている何かを敬い、尊ぶというのはごく自然な意識のように私には思えます。特にこの妙義山は中山道(それ以前は東山道)に近く、ひとびとが往来のたびに目にするだけに、その独特の山の形態はひとをひきつけたのでしょう。浅間山、榛名山という古代からの活火山が一望できる地でもあります(火山もまた信仰の山になります)。

中でも、中腹に連なる巨石の数々は見ているだけで圧倒されるものがあります。石門巡りコースでは中之嶽神社鳥居に立つと、高く険しい石段の向こうに木立を通して蝋燭状の直立した岩がそびえているのがわかります。実は、そこは登山口でもありますが(今回われわれは逆にここが下山口)登ってみると岩の周りには締め縄が張られ(写真)、この巨石がご神体であることがわかります。

なお、妙義山の山頂(金洞山など)を目指す険しい登山道は一般的には登れません。今回も鎖場とはいっても普通のコースでした。

鎌ヶ谷の梨2016年08月21日 17:32


今年も鎌ヶ谷の梨が届きました。鎌ヶ谷は千葉県の東部にあり、松戸や船橋、習志野といった大きな都市に囲まれて目立ちませんが、交通の要衝として発展している場所です。私は、ここに本社をおく会社とはもう25年以上の付き合いがあります。いまでも週に1から2回行って主に社内システムのメンテナンスを行っています。

その関係で、毎年夏になると、名産の「鎌ヶ谷梨」が送られてくるのです。梨は、千葉県の多くの地域で栽培されていますが、この鎌ヶ谷市でも梨が特産品ということになっています。梨畑も多く、宅地化が進み、大分減ってきてはいるようですが、いまでも初夏になると白い梨の花が一面に咲いた果樹園を新京成電車の窓から眺めることができます。

梨というのは季節を感じさせる果物です。盛夏になって、甘酸っぱくさくさくした鎌ヶ谷梨の触感を楽しみながら、この街と、あとどのくらいの付き合いになるのか、考えたりしています。

太平洋航路2016年08月26日 17:20

船尾側から海をみる

海に触れることがなくなって久しいものがあります。旅行で海辺に行くことはありますが、遠くから海面を眺めるだけ。潮のにおいをかぎ、海水で足を濡らし、ましてや波の中に入ることなどありません。海にいくだけなら、今年は、6月に瀬戸内海を連絡船で渡りました。あれは海かと思うほどの穏やかな海面をながめながらの数時間でした。そして、8月下旬になった先日、ほんの短期間ですが、船旅気分を楽しみました。

今回も名古屋と仙台、苫小牧間を定期運航しているフェリー(貨客船)にのって太平洋の夜と昼を体験したというだけですが、舩での宿泊という機会がほんどないのでけっこう楽しめました。乗船したのは『いしかり』という新しい船で、1万5762総トンとかなり大きく、全長は約200メートル弱。桟橋に横付けしている姿はまるで巨大なマンションが横たわっているようにも見えました。

ちょうど台風の通過した後だったので多少の揺れを覚悟していましたが、実際には身体の向きを進行方向にしていおけば寝ている時も気になるようなことはありませんでした。ベッドは基本的にそのように配置されているようです。昼夜をわかたず22ノット以上というかなりの速さで走り続けますが、きけば横揺れ防止装置がついているのだそうです。乗客にも船酔いのひとはいなかったということでした。

最初のうち、天候は悪く、真夜中から早朝まで、ちょうど房総半島にさしかかるあたりでしょうか、雨が舩窓を打ち、その後、月が出てからも、はるか遠くの海上にいくつのも稲光が見えました。船内まで音は聞こえませんでしたが、光りははっきり見えました。普段気にしませんが、海の上でも壮大な気象現象が起こっているわけです。

早朝からは晴れましたが、相変わらず風は強く(船自身のスピードもあります。もしかしたら船の上はいつもこうなのか)デッキに出ている人の姿はまれ。ほとんどの人が食事をしたり、映画やショーを見たりといった感じでゆっくり過ごしていました。これが船旅というものなのでしょうか。

雨の大塚山・御岳山2016年08月31日 12:12


登山の目的も様々ですが、山地に自生する植物、それも高山植物に代表されるような“可憐な花々”を目標にするひとは多いようです。自然も動植物も好きなのに具体的な知にはないという私にはどの山に行っても新鮮なことばかりです。8/27に行った奥多摩の御岳山はレンゲショウマの群生地として有名です。今回は北西にある大塚山を経由しての登山になりました。

それにしてもこのところ2、3週間続けて雨模様の週末になり、この日も少し前の予報では晴れていたと思ったのですが、当日の朝、6時に家を出ようとすると、かなり怪しい空模様。薄いウインドブレーカーみたいな雨具に加えて本格的なレインウェアもザックにいれました。

それでも武蔵野線で北朝霞駅を出発する時には雨はまったく降っていなかったのですが、立川から青梅線に乗り換えたあたりから車窓は梅雨みたいな天候です。御岳駅の2つ先の古里駅に降りてみるとかなりの雨で、これはまいったという感じ。他にも1組の登山チームがいましたがなにやら相談中。それでもわれわれは(ひとりはリタイアしましたが)4人で傘をさしてなんとか出発。幸い、両手を使って登るような箇所はありませんでしたから、2時間ほどでようやく大塚山頂上手前の休憩小屋に到着しました。

途中で困ったのは雨の中で自分の身体が暑くなること。あまり上等のレインウェアではないためか(この気温と湿度では同じかもしれませんが)かなり蒸れてきます。心拍数があがると酸素が不足しますから、要するに足も頭も疲れます。40半分ほど行ったところでレインウェア(上着だけでした)を脱ぎTシャツに。傘をさしているので濡れることはありませんし、涼しい。体温調整の大切さを感じます。

雨の中の登山は疲れますが、いろいろ経験になりました。また、ツチガエルや巨大ミミズ!など珍しい生物にも遭遇しました。肝心のレンゲショウマは御岳山頂上付近の自生地(斜面林中の下草)で鮮やかに咲いていました。ケーブルカーがあるからだとは思いますが、あの雨の中でもかなりの人が見学に訪れていたのは驚きです。